女性の尿漏れ悩みを解消する|デリケート問題改善センター

看護師

性差による診療

医者

イメージが固まっている

男性と女性は異なった性差があります。昨今は性差に基づいた医療が注目を集めています。全国的に女性専門のクリニックや、女性外来など女性専門の病院も多くなってきています。新宿でも女性専門のクリニックができてきています。特に泌尿器科の分野では尿を排出する臓器の動きや形が、男性と女性では違ってきていますので性差によっての専門医院の設立が望まれています。女性の膀胱や尿道は子宮や膣などの女性特有の器官の近くにあり、診療には泌尿器科と婦人科の両方の理解が必要不可欠になってきます。泌尿器科について言えばもともと男性が対象になっているといった、イメージが強く残っていて女性が泌尿器科を受診しにくい環境になっていて、新宿でもまだ入りにくい泌尿器科も多くあります。

婦人科ではわからない

泌尿器科では診察の対象が、前立せん肥大などの男性に特有の疾病に偏りがちになっていました。女性の膣や子宮については深い知識がありませんでした。一方婦人科は女性の骨盤や女性器についての知識はあるのですが、排尿の仕組みや膀胱に関しての知識はありませんでした。命にかかわってくる問題ではないのですが女性特有の尿道や排尿の問題は、生活を送っていくうえでますます重要な問題になってくるだろうといわれています。そのため泌尿器科と婦人科両方の知識を持った病院が、ますます必要になってきます。ですから女性専用の泌尿器科が新宿でも必要になってきて、新宿に住んでいる女性の排尿や生殖器、膀胱などの相談や診療を行う必要が今後ますます重要になってきます。