女性の尿漏れ悩みを解消する|デリケート問題改善センター

看護師

性差による診療

医者

泌尿器科は男性特有の疾病を診療するところだというイメージが強くなっています。ですが女性の排尿や膀胱の問題は婦人科では、知識がなく対応ができません。生活をよりよくするために新宿でも、女性専門の泌尿器科の設立が望まれています。

View Detail

急にトラブルを感じた方へ

女性

埼玉にはたくさんの泌尿器科があります。どこへ通ったら良いか分からなくなった時にはインターネットで検索して下さい。そして、小さいことだから大丈夫と思わずに、気になる事がある方は、早めに泌尿器科へ行き、病気を早く治しましょう。

View Detail

出産や加齢で目立つ症状

お尻

原因と治療

尿漏れを経験する女性の数は、30代で3人に1人、そして40代では半数が症状を起こしてしまうそうです。これだけの数の人が経験してしまう原因は、主に出産や加齢による骨盤底筋の緩みが指摘されます。骨盤底筋は尿道から肛門までを通る筋肉のことで、膀胱などを支える役割もしています。これが緩むことで尿道の締りが悪くなってしまうことから、尿漏れを引き起こしてしまいます。女性は特に出産を経験する人が多いので、仕方のない現象かもしれませんが、これを防いでいくことはできます。この尿漏れの治療を行う泌尿器科では、症状を軽くするための指導や投薬で改善に近づけてくれます。しかし、デリケートな問題なため、1人で症状を抱え込む女性も少なくありません。積極的に受診していくようにし、尿漏れを防いでいくことで快適な生活が送れるようになれます。高齢化に伴い、症状に悩む女性が増えてくると見られるので、その治療も今以上に注目されるようになってくるでしょう。

骨盤底筋を強くするには

このような尿漏れは、出産を経験していない人でも症状を起こしてしまう人はいます。骨盤底筋の緩みは出産だけでなく加齢にも影響するので、限られた女性にしか起こらないという訳ではありません。これに対して、20代の若い女性も尿漏れを経験する人が増えてきました。この原因で考えられるのが、姿勢の悪さと腹圧の弱さです。若い女性はファッションを意識して高いヒール靴を履く人が多いので、かかとに重心がかかるため姿勢を悪くしてしまいます。それが骨盤底筋を緩くしてしまう原因にもなり、運動をしない習慣も影響してきます。泌尿器科で行われている尿漏れ対策の指導では、まずは運動が挙げられます。足腰を鍛える運動が特に骨盤底筋の強化となってくるため、尿漏れも自然と治まってくるようになるのです。年齢や出産の有無に関係なく、これを意識した運動を行っていくのが何よりの対策となります。

尿が漏れる事

自然

尿漏れ対策の方法として、骨盤底筋を引き締める運動があり、運動教室や女性雑誌で紹介されており手軽に行えます。個人での運動で解消されない場合は、泌尿器科で診察を受けるのが良いです。尿漏れのタイプが判明し、適切な治療を受けることが可能となります。

View Detail